スタッフブログ

賃貸併用住宅おすすめの間取り│狭小地に適した家づくり計画

2021/09/30(木) コラム

 

狭小地であっても、賃貸併用住宅の建設は可能です。

自分達家族の住む部分と別に、賃貸部分を作る賃貸併用住宅は、住宅ローンの負担を減らせるなどのメリットも多くあります。

老後の資金計画として、建設するのもおすすめです。

 

そんな賃貸併用住宅ですが、第三者と同じ屋根の下に暮らすのですから、どの様な間取りにするかは非常に重要です。

自分達家族のプライバシーを守りたいですし、賃貸部分の快適さも求められます。

 

今回は賃貸併用住宅の間取りのご紹介として「横割り」「縦割り」を詳しくお伝えしていきます。

これから賃貸併用住宅の建設をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

 


コラムのポイント

  • 賃貸併用住宅の特徴を詳しくお伝えします
  • 賃貸併用住宅の大枠の間取りとして「横割り」「縦割り」があることを理解しましょう
  • 「横割り」「縦割り」のメリット・デメリットをご紹介します
  • 狭小地の賃貸併用住宅にはどの間取りが最適か見ていきましょう

 

【目次】

  • 賃貸併用住宅とは
  • 賃貸併用住宅の間取り│横割りの場合
    • 横割りの特徴まとめ
  • 賃貸併用住宅の間取り│縦割りの場合
    • 縦割りの特徴まとめ
  • まとめ

 

賃貸併用住宅とは​

港区のマンション

賃貸併用住宅とは、一つの建物に自分の家と、第三者に貸し出す部分がある建物のことです。

賃貸併用住宅の主な特徴を、詳しく見ていきましょう。 

 

賃貸部分の家賃収入を、住宅ローンにあてられる

家賃額の設定や貸し出す戸数によっては、住宅ローンの返済額がほとんどまかなえる場合もあります。

賃貸併用住宅は、建物の自宅部分が50%以上であることなどの条件をクリアすれば、通常の住宅ローンを利用することが可能です。

条件を満たすことができなければ、賃貸目的の比重が高まり、アパートローンが適用されます。

通常の住宅ローンは、アパートローンよりも金利が低いので、ローン返済の負担からすると魅力を感じるでしょう。

 

ですがアパートローンが適用されるということは、それだけ賃貸部分が広く、多くの家賃収入を見込めるので、どちらがいいと言う訳ではありません。

周辺環境をリサーチして、どの様な賃貸にニーズがあるのか確認してみましょう。

 

これからの社会を考えると、高齢者向けの賃貸スペースにもニーズが高まるでしょう。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

>>>これからの賃貸経営~高齢者賃貸住宅とは|東京で時代に合わせた土地活用を~

 

賃貸部分の家賃収入を、老後の生活資金にあてられる

賃貸部分の家賃収入は、借り手がいる限り続くので、老後の生活資金に充てることができます。

定年退職を迎えた後でも、収入が続くとなると精神的にも安定した生活を送ることができるでしょう。

 

賃貸併用住宅の運用を続けていくには、固定資産税や火災保険料、管理費やメンテナンス料などがかかるので、 総体的に利益となっているのか収支の確認をしておきましょう。

 

賃貸部分を二世帯住宅として利用するなど応用が効く

賃貸併用住宅を所有していれば、入居者が出たタイミングで家族との同居をスタートさせることができます。

  • 一緒に住む予定の子供が仕事の都合で遠方にいる
  • 現段階では同居の必要性はないので、家賃収入を目的としている

 

さらに二世帯住宅としての利用は、いつまでも続くわけではありません。

部屋が空いたらまた第三者に貸し出すといった、柔軟な対応ができるのも賃貸併用住宅の大きな特徴です。

 

賃貸併用住宅の特徴を見ていると、当然のことながら、家賃収入を目的としているものが大半です。

収入を目的とするならば、借り手の付く快適で便利な住まいにする必要があります。

とはいえ自分達の生活スペースも、しっかりと整えていきたいですよね。

 

賃貸併用住宅の大きな型である「横割り」「縦割り」を詳しく見ていきましょう。

 

賃貸併用住宅の間取り│横割りの場合​

賃貸併用住宅の「横割り」とは階で区切って、自分の住まい部分と、賃貸部分を分ける方法です。

横割りの特徴を見ていきましょう。

 

下の階に住めば、階段を利用しなくて住むので、老後まで楽に住むことができます。

将来二世帯住宅を考えている場合は、横割り設計をして下の階を自分のスペーストすることをおすすめします。

とはいえエレベーターを付ける多層階住宅であれば、上階に住むことも問題ないでしょう。

 

また下の階なら小さな庭を作りこともできます。

ガーデニングが趣味という方は、上階のプランターよりもお庭を好むので、大きな魅力と感じられるでしょう。

もし上の階に小さなお子さんが住むような間取りであれば、足音などが気になるかもしれません。

 

次に借りる方の目線か考えてみましょう。

女性は特に一階に住むことを避けて、二階以上の部屋を好みます。

防犯上の問題であるので、男性は気にしないでしょう。

 

上の階は他にも、景色がいい・開放的・日当たりがいい・プライバシーが守られやすいなどのメリットもあります。

 

横割りの特徴まとめ

  • 下の階に住めばガーデニングを楽しむこともできる
  • 下の階は階段がないので老後も快適に住み続けられる
  • 下の階は上の階の足音が気になるかもしれない
  • 女性は防犯面から上の階を好みがち
  • 上の階の方がプライバシーが守られやすい
  • 上の階は景色・日あたりがいいので快適
  • 多層階にすればエレベーター設置で、老後の上階住まいも叶う

 

賃貸併用住宅の間取り│縦割りの場合​

女性専用賃貸建物

建物を縦に割って、メゾネットタイプのような形にした住宅です。

縦割りの特徴を見ていきましょう。

 

縦割りの大きな特徴は、各部屋に階段を付ける必要があることです。

かなりの敷地が居住スペースから削られるため、狭小地の賃貸併用住宅に向きません。

二世帯住宅にする計画がある場合も、全ての部屋に階段があるので快適な生活とは言えないでしょう。

 

とはいえこの縦割りにも魅力はあります。

上下が家族で使えるので、足音などが気になりません。

小さなお子さんがいるご家庭には好まれる間取りと言えるでしょう。

 

全ての家に二階部分があるので、洗濯物やお布団を干すのにも便利です。

 

縦割りの特徴まとめ

  • 各部屋に階段の設置が必要なので、狭小地には向かない
  • 上下を家族で使えるので、足音を気にする必要がない
  • 階段があるので年配よりも、子育て家族に好まれる傾向にある
  • 階段があるので将来二世帯住宅として利用したい場合は、検討が必要

 

まとめ​

賃貸併用住宅の特徴には、さまざまな魅力がありました。

  • 賃貸の家賃収入を住宅ローンにあてて負担を減らす
  • 老後の収入源として豊かな生活を送る
  • 必要になったら二世帯住宅として利用する

ライフプランに沿うような賃貸併用住宅の特徴が、そのまま魅力に感じられたのではないでしょうか。

 

また賃貸併用住宅の主な間取りには「横割り」と「縦割り」があります。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、借り手が見つかる間取りと、自分が快適な間取りのどちらに比重を置いても、賃貸併用住宅の目的は叶いません。

どの様な人に借りてもらうか想像しながら、折り合いを付けていきましょう。

 

狭小地の賃貸併用住宅であれば、縦割りよりも横割りの方が敷地を有効に利用できます。

戸数を増やすなら、多層階にしてエレベーターを利用すれば上階に住んでも老後の負担にはなりません。

賃貸併用住宅の魅力を活かして、豊かで穏やかな生活を送りましょう。

 

 

狭小地での家づくりは高い技術と経験、設計とデザインが必要とされます。

M-LINEは、東京の限られた土地を最大限に活かした技術と設計で、理想の家づくりをお手伝いします。

「変形した土地が原因で他の工務店に断られた」「狭小地に賃貸併用住宅を建てたい」そのようなことも、M-LINEなら希望に沿ったご提案が可能です。

狭小地での家づくりをお考えの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

M-LINEのオンライン相談はこちらからお申込みください

 

土地活用に関するご相談・お問い合わせはこちらにご連絡ください。

フリーダイヤル:0120-21-4202

ou2(オーツー)株式会社
東京都江東区牡丹3丁目19-11

建設業許可/建築工事業一式 東京都知事許可 特定建設業許可(特-29)第125055号
一級建築士事務所登録/東京都知事登録 第 46497 号
宅地建物取引業免許/東京都知事(1)第 96131 号(ou2株式会社)

記事一覧

1ページ (全21ページ中)

ページトップへ