スタッフブログ

店舗付き住宅で叶えるワークライフバランスとは

2021/02/22(月) コラム

alt=”店舗付き住宅”

自分のお店を持ちたいけれど、なかなかいい物件が見つからない、家賃が払えるのか不安、家庭と仕事との両立ができるか心配…。こういったお悩みをお持ちではありませんか?そんな方に検討していただきたいのが、『店舗付き住宅』です。
店舗付き住宅は、家の1階部分を店舗として活用し、2〜3階部分に住居を構える住宅で、飲食店や士業、物販など様々な職業の方にお選び頂ける形態です。
自分の店を持ちたい!が現実になる、店舗付き住宅のメリットや成功ポイント、建築実例などをまずはチェックしてみましょう。

 


コラムのポイント
・店舗付き住宅とは、ひとつの建物の中に店舗部分と住居部分とが合わさっている住宅のことです。
・通勤時間の削減や子育てとの両立などワークライフバランスを考えた時に、理想の働き方を実現しやすい形態です。
・店舗付き住宅の建築経験豊富なハウスメーカーと二人三脚で、計画的に建築計画と経営計画を立てていきましょう。


 

店舗付き住宅とは


alt=”店舗付き住宅”

店舗付き住宅とは、ひとつの建物の中に店舗部分と住居部分とが合わさっている住宅のことです。『店舗併用住宅』や『店舗兼用住宅』などと呼ばれることもあります。

テナントを借りて店舗運営をしていくとなると、家賃や水道光熱費、保険料、ローンなど多くのランニングコストがかかります。また安定して経営できるに越したことはないのですが、新型コロナウイルスのような不測の事態、店舗運営危機に見舞われると多大な影響を受けてしまいます。こんな時、店舗付き住宅なら店舗部分を住居として活用できるだけでなく、貸し出すこともできるため、リスクを軽減することができます。
今後働き続ける中で、もちろん仕事とプライベートとのメリハリをつけるように注意も必要ですが、通勤時間の削減や子育てとの両立などワークライフバランスを考えた時に、理想の働き方を実現しやすい形態であるというのは大きな魅力でしょう。

 

 

店舗付き住宅のメリット


alt=”店舗付き住宅”

『仕事とプライベートの両立』という視点で見た時に、店舗付き住宅には様々なメリットがあります。

メリット① 通勤時間がかからない

自宅に店舗が併設されているので、通勤時間がかかりません。往復の通勤にかける数時間がなくなるだけで、自由になる時間を増やすことができます。空いた時間を家族と過ごす時間や勉強の時間、店舗運営の時間にあてることができるので、有益な時間を過ごすことができるでしょう。

メリット② 店舗の家賃がかからない

自宅が店舗になるので、家賃がかかりません。店舗の家賃は積み重なるとかなりの費用になります。利益を確保しながら長く経営を続けていくためには、毎月かかる固定費をどれだけおさえられるかも重要です。自宅とは別にかかる家賃が必要なくなる、というだけでも精神的な負担軽減につながります。

メリット③ ワークライフバランスの確立

通勤時間がかかることなく、オンオフの切り替えをしっかりすることで、自分だけのワークライフバランスを確立することができます。子どもが小さいうちは営業時間を短縮して、就学したら閉店時間を遅くして…というように、ライフスタイルに合わせて無理なく店舗運営をすることができます。

メリット④ 貸し出すことも可能

やむをえず店舗は閉めることになった、続けるのが難しくなった、という状況に陥っても、店舗付き住宅なら貸し出すことができます。店舗を探している人とうまくマッチングできれば家賃収入につながりますし、せっかくのスペースを無駄にすることなく活用できます。

 

 

 

店舗付き住宅の成功ポイント


alt=”店舗付き住宅”

店舗付き住宅を建てた後、軌道に乗せていくためには以下のポイントを押さえておきましょう。

共有部分のメリハリをつける

店舗部分としてどこまで使うのか、どこから居住部分にするのか、といったメリハリをつけるようにしましょう。
トイレや入り口など、共有する部分が多ければ建築費を抑えることができますが、日常生活に支障が出る場合もあります。自分たちの生活もそうですし、店舗を利用されるお客様に気を遣わせてしまったり、利用しにくくなったりする可能性もあります。何をどこまで共有するのか、事前に検討した上で、納得のいくプランニングをたてていきましょう。

用途地域を確認しておく

都市計画法によって、計画的に市街地を形成するため、用途ごとにエリア分けされたものを『用途地域』といいます。

商業施設や住宅、学校、公園など、どこにでも好きな建物を建ててしまうと、騒音や陽当たりなど問題が山積みになってしまい、快適な暮らしどころではなくなってしまいます。このような状況を避けるためにも、エリアごとに建てて良い建物や大きさが定められています。
このエリアは大きく住居と商業、工業の3つに分けられるのですが、住居用として定められているエリアの場合、店舗運営ができなくなる可能性があります。店舗の床面積や建物全体の面積によっても異なるので、事前に確認しておきましょう。

 

alt=”店舗付き住宅”

alt=”店舗付き住宅”

 

集客に適した立地かどうか

店舗を運営していく以上、切り離せないのが集客問題です。場所によっては人通りが少なく、店舗運営に向いていなかったり、騒音が気になり住居としては適さなかったりすることもあるので、うまく見極めることが大切です。
広告費にどれだけ時間と費用をかけるのかによって、集客ができるかどうかは変わってくるので、人の動きや口コミ、SNSなどどのように活用するのか計画を立てた上で、建築場所を決めるようにしましょう。

住宅ローンが使えるのかどうか

住宅ローンを使って家を建てる場合、店舗付き住宅は少し注意が必要です。というのも、金融機関によっては店舗部分には住宅ローンが使えないケースがあるためです。住宅ローンが使えないと金利が高くなったり、事業計画に影響が出たりする可能性があります。どの範囲まで住宅ローンを使うことができるのか、事前に確認と相談をしておきましょう。

 

 

 

店舗付き住宅建築実例


alt=”店舗付き住宅”

M-LINEが手がけた店舗付き住宅をご覧ください。

【飲食店併用・4F・屋上・太陽光】敷地96.36㎡|延床297.47㎡!ホームエレベーター活用多世帯はレストラン&8人家族の住まい

 

 

店舗付き住宅を建てるなら…


alt=”店舗付き住宅”

店舗付き住宅を建てるとなると、ローンの事や建築制限、居住部分と店舗部分の分配など事前にやるべきことが沢山あります。店舗を借りるよりも、結果として手間がかかるかもしれません。
しかしその分、建てた後は自分たちのペースで、店舗運営と日常生活を楽しむことができます。店舗付き住宅の建築経験豊富なハウスメーカーと二人三脚で、計画的に建築計画と経営計画を立てていきましょう。

M-LINEは、新築やリフォームなど東京で10,000件を超える『狭小高層住宅』『事務所併用住宅』『店舗併用住宅』『賃貸併用住宅』を手がけてまいりました。わずか10センチも無駄にしないプランニングでゆとりある空間を演出し、お持ちの土地を有効活用します。
今ある土地の価値を、さらに引き出しながら家づくりをサポートいたします。ご質問やご相談など、いつでもお気軽にお声がけください。

M-LINEのオンライン相談はこちらからお申込みください

 

土地活用に関するご相談・お問い合わせはこちらにお気軽にご連絡ください

フリーダイヤル:0120-21-4202

記事一覧

1ページ (全21ページ中)

ページトップへ