スタッフブログ

賃貸併用住宅で後悔するのはなぜ?失敗しないための対策法を紹介

2021/07/25(日) スタッフブログ

賃貸併用住宅

賃貸併用住宅は、ローンを返済しながら家賃収入を得られることが魅力です。
しかし、賃貸併用住宅にはさまざまなデメリットがあり、あらかじめこれらを把握しておかないと、賃貸併用住宅を購入したあとで後悔することになります。
今回の記事では、賃貸併用住宅で後悔する理由や、失敗しないための対策方法をご紹介しますので、賃貸併用住宅の購入を検討されている方には最後まで読んでいただきたいです。

 

~table of contents~

 

賃貸併用住宅で後悔する理由

賃貸併用住宅

賃貸併用住宅で後悔する理由は、以下の通りです。

  • 人が住まない
  • クレームが直接入りやすい
  • 子どもの出す騒音対策が大変
  • 入居者と生活リズムが合わない
  • ローンの返済額が大きい
  • 賃貸を辞めたあと住みにくい
  • 売却したくても買い手が見つかりづらい

では、それぞれについて解説します。

 

人が住まない

入居者が集まらず空室ができると、その分家賃収入が入ってこなくなるため、利回りが悪くなります。
しかし、賃貸併用住宅には、入居者が集まりにくく、空室ができやすいというデメリットがあります。

なぜなら、大家が近くに住んでいる物件は避けたがる人が多いからです。
もし同じような条件の物件があれば、大家が近くに住んでいない物件の方を選ぶでしょう。
大家が近くに住んでいると何かと気を遣いそうですし、何かあった時にすぐ直接クレームをいわれそうですしね。

賃貸併用住宅で入居者を集めるためには、家賃を安くしたり、条件を良くしたりなどの努力をしなければなりません。
デメリットを埋めるだけのメリットを生み出すことは、入居者を集めて空室リスクを避けるうえでは必須でしょう。

 

クレームが直接入りやすい

入居者との距離が近いと、管理会社と契約していても大家に直接クレームが入ってしまいがちです。
なぜなら、入居者からすれば、直接大家にクレームを入れた方が楽だからです。

直接クレームを入れられた場合でも、本来は管理会社に対応してもらえば良いのですが、直接クレームが入った建前大家としてもアクションを起こさなければなくなるでしょう。
それでは、管理会社を契約するメリットが薄くなってしまいますし、何より手間がかかります。
よって、クレームを入れる際は必ず管理会社を通してもらうようにするなどのルール決めが必要でしょう。

 

子どもの出す騒音対策が大変

もし小さなお子様がいて、なおかつ大家の居住スペースの方が入居者の居住スペースよりも上階に位置する場合、騒音対策をしなければなりません。
騒音対策をせずに放っておくと、クレームにつながる可能性があります。
最悪の場合、入居者退去につながってしまうかもしれません。

マイホームであるにもかかわらず、入居者へ気を遣わなければならないのは、肩身が狭いです。
しかし、対策をしなければ、面倒なことになったり、家賃収入が減ったりしてしまいます。

 

入居者と生活リズムが合わない

入居者との生活リズムが合わないと、日に日にストレスが溜まります。
特に賃貸部分がワンルームなどの単身者向けになっている場合、学生や20代前半の社会人が住むケースが多いです。
その場合、飲み会などから深夜遅くに返ってきたり、家で夜遅くまで友達と騒いだりすることが多くなるので、うるさいです。

このような理由から、賃貸併用住宅において防音対策は重要だといえます。
また、賃貸スペースをファミリー向けの物件にすることによって、上記のようなストレスが軽減されるかもしれません。

 

賃貸を辞めたあと住みにくい

 賃貸併用住宅は、将来的には賃貸を辞めて自分だけで住むことになる可能性を考慮しなければなりません。
なぜなら、賃貸を辞めたあとの賃貸併用住宅は、自分もしくは自分の家族だけでは住むには大きすぎるからです。
家が大きすぎると、余計な光熱費がかかったり、掃除が大変になったりします。

 

売却したくても買い手が見つかりづらい

賃貸併用住宅は、悪く言えば中途半端な住宅であるため、売却したくても買い手が見つかりづらいです。
自分たちだけで住むには広すぎますし、賃貸用物件にするにしても、もともと大家が住んでいたスペースの扱いに困ります。
たまたま賃貸併用住宅を探している人に出会えれば良いですが、そう簡単にはいかないでしょう。

 

賃貸併用住宅で失敗しないための対策法

賃貸併用住宅

賃貸併用住宅で失敗しないための対策法は、以下の通りです。

  • 複数のハウスメーカーに相談する
  • 入居者を確保できるようにする
  • 賃貸部分の収益プランニングをしっかりおこなう
  • 賃貸部分管理部分を管理会社に委託する

では、それぞれについて解説します。

 

複数のハウスメーカーに相談する

賃貸併用住宅を建てる際は、複数のハウスメーカーに相談し、比較検討しましょう。
そうすることで、本当に賃貸併用住宅に強いハウスメーカーを見分けられるようになります。
弊社M-LINEも賃貸併用住宅の施工実績は豊富なので、ぜひご相談ください。

 

入居者を確保できるようにする

入居者の確保は、家賃収入確保のために必要不可欠です。
具体的には、周辺近隣ニーズを調査してどのような間取りの物件に対する需要が多いのかを把握したり、プライベートを守る動線を設計したり、防音対策をおこなうことが対策として挙げられます。

 

賃貸部分の収益プランニングをしっかりおこなう

 賃貸経営である以上、収益のプランニングは大切です。
家賃を早く返済出来たら良いなという気軽な気持ちではなく、高収入を得てやるくらいの気概が必要です。

 

賃貸部分の管理を管理会社に委託する

賃貸部分の管理は面倒です。
特に副業として不動産投資を行っている方にとっては、入居者の対応をしている暇はないでしょう。

そのため、賃貸部分の管理は管理会社に委託しましょう。
賃貸併用住宅だと直接オーナーにクレームが入る可能性があるので、そうならないよう入居者との契約時に「クレームは必ず管理会社を通す」と決めた方が良いです。

 

将来のメンテナンスも見据えて設計のバランスを考える

賃貸併用住宅は、賃貸部分の維持・管理費用がかかり続けます。
よって、年間にかかる費用を計算して間取りや設備を決めましょう。
コストと収益性のバランスを意識することが大切です。

 

まとめ:東京都23区で賃貸併用住宅を建てるならM-LINEへ

 賃貸併用住宅はデメリットが少なくありませんが、それらは回避できるものであり、上手く運用できれば家賃収入によってローンを早く返済できます。
狭い土地を活かすための手段のひとつですので、東京都内のような土地が高く、あまり広い土地を購入できない場合でも、限られた土地を有効活用できるかもしれません。

■ ■ ■

東京都内の土地は、高額である上に、変形地が多く、暮らしやすい家を建てるためには、優れた設計と技術力が求められます。敷地面積、賃貸併用住宅を建てる目的、予算など、様々な要素によって、最適な賃貸併用住宅の形は変化していくのです。M-LINEでは、東京の狭小地であっても、その難しい条件の中で、目的に合った最適な賃貸併用住宅やマンション経営のプランをご提案します。

土地活用をお考えなら、賃貸併用住宅やマンション経営を計画されませんか?賃貸住宅、賃貸併用住宅をご計画される際には、どうぞM-LINEへお気軽にお問い合わせください。

M-LINEのオンライン相談はこちらからお申込みください

土地活用に関するご相談・お問い合わせはこちらにご連絡ください。

フリーダイヤル:0120-21-4202

ou2(オーツー)株式会社
東京都江東区牡丹3丁目19-11

建設業許可/建築工事業一式 東京都知事許可 特定建設業許可(特-29)第125055号
一級建築士事務所登録/東京都知事登録 第 46497 号
宅地建物取引業免許/東京都知事(1)第 96131 号(ou2株式会社)

記事一覧

1ページ (全21ページ中)

ページトップへ