スタッフブログ

屋上テラスのある一戸建て・賃貸住宅のメリット|おしゃれなデザインや効率的な活用方法を実例付きで紹介【東京都内】

2022/06/22(水) コラム

屋上テラスのあるホテル

都内で一戸建てを建てるなら、限られた敷地でも庭のようなアウトドア空間が作れる「屋上テラス」や「スカイバルコニー」のある家に憧れる、という方も多いのではないでしょうか。

今回は、東京都内の一戸建てや賃貸住宅・ホテルなどの土地活用におすすめの屋上テラスのメリットや、屋上を有効活用できる設計手法について解説します。

さらに、ホテルや一戸建ての屋上庭園・スカイテラスなど、土地活用における有効な屋上テラスの実例もご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 


ポイント

  • 一戸建てや賃貸住宅・ホテル(土地活用)で屋上テラスを作るメリットが分かります。
  • 屋上テラスを作る際に知っておきたいデメリットや設計時・建築後の注意点が分かります。
  • 東京都内で建てた屋上テラスのある一戸建て・ホテルの建築実例が見られます。

 

目次

 

屋上テラスとは

3階建ての家の屋上テラス

屋上テラスは、住宅やマンションなどの建物の最上階の屋根(屋上)を利用したテラスのことを指します。

ルーフバルコニーやスカイバルコニー、スカイテラスなどと呼ぶこともあります。

 

 

屋上テラスのメリット

屋上テラス(3階建て住宅)

アウトドアリビングとして活用できる

屋上テラスは、プライベート感があり周囲の目を気にせずリラックスできる「アウトドアリビング」として活用できます。

隣り合う建物同士に余裕が少ないことも多い都心部では、庭や1階リビングでは周囲の視線が気になってくつろげない、という悩みもよくお聞きします。

そんな時は、屋上テラスをお庭代わりにするのも1つのアイデアです。セカンドリビングとして、晴れた日に家族団らんや食事・バーベキューを楽しんだり、屋上を使ったおうちキャンプ「ベランピング」をするなど、工夫次第で活用方法は無限大です。

新築時は、屋上テラスでしたいことに合わせて、照明や水栓・コンセントなどの各種設備を整えておくのがおすすめです。

 

ガーデニングを楽しめる

都心部の狭小地など、庭に十分なスペースが取れない場合も、屋上テラスならガーデニングや屋上庭園を楽しめます。屋上は日当たりが良いので、日のあたる環境を好む植物を育てるのに適しています。

地上の庭よりも風の影響を受けやすい点などに注意が必要ですが、屋上の家庭菜園で自家製の野菜を作ることももちろん可能です。

<関連コラム>屋上に菜園を作るときの5つのポイント|初心者におすすめの野菜とは​

 

屋上庭園で癒し&エコな暮らし

屋上テラスに人工土壌を作り、芝生やセダムなどを敷き詰めれば、街中でも緑に囲まれた癒しの屋上庭園を実現できます。

屋上庭園(屋上緑化)は、住む人に癒しを与えてくれるだけでなく、人工土壌が断熱材となり、建物の光熱費を抑えたり、紫外線や酸性雨などによる建物へのダメージを低減してくれたりする効果もあります。

屋上緑化のメリット・デメリットは過去のコラムで詳しく解説していますので、合わせてお読みください。

<関連コラム>屋上庭園のあるマンションのメリット・デメリット|東京の屋上緑化・壁面緑化補助金情報も

 

【賃貸住宅】住戸のバリエーションが広がる

屋上テラスのある3階建て住宅

一戸建てだけでなく、マンションやアパート、ソーシャルアパートメントなどの賃貸住宅にも屋上テラスをつくるメリットがあります。

賃貸住宅に屋上テラスを作ることで、間取りのバリエーションを増やせます。例えば、マンションの最上階を屋上テラス・スカイテラス付きの住戸にすれば、タワーマンションのペントハウスのような魅力をアピールできます。

また、メゾネット住戸の賃貸にする場合も、同じく最上階の住戸を屋上テラス付きにすることで、より一戸建てに近い間取りで、暮らし方の幅が広がる賃貸を提供できます。

 

【賃貸住宅共用部・ホテル】共用部として屋上テラスを提供できる

賃貸住宅やホテルでは、屋上テラスを共用部の屋上庭園として、住人の憩いのスペースとして提供することもできます。近年増加している賃貸住宅「ソーシャルアパートメント」でも、住人が自由に使える屋上テラスのある物件が増加しています。

ホテルでの土地活用なら、周囲の景観を活かしたい場合は、屋上テラス付きの客室を作るのもおすすめです。また、利用客共用の屋上庭園にすることもできますし、ビアガーデンやルーフトップバーなどにすることで、競合との差別化を図り、集客力を高められます。

 

 

屋上テラスのデメリットと設計時の注意点

人工芝のある屋上

雨漏り・浸水リスクに注意

屋上は雨水が直接入るため、適切な防水工事と排水構造が大切です。屋上に溜まった雨水を長期間放置していると、防水層が劣化しやすくなり、排水能力を超えて階下に雨漏りや浸水が起こる可能性もあります。

排水口のこまめな掃除や点検も欠かせないため、屋上テラスを作る際は、安全な屋上を作るためのイニシャルコスト(建築費用)と適切なメンテナンス方法を確認しておきましょう。

 

メンテナンス費用を見積もっておく

屋上テラスは、防水層の定期的な更新(10~15年ごと)が必要になります。また。屋上に設置するデッキ材などの舗装材や、家具類なども、劣化状態を定期的にチェックして、適宜メンテナンスや交換が必要です。

これらのメンテナンスにかかる費用も、建築前にきちんと把握して、資金計画に組み込んでおきましょう。

 

 

東京都内のおしゃれな屋上テラスのある一戸建て・ホテル建築実例

 

・【一戸建て】3階建て+半地下ガレージとホテルライクな屋上テラス付きの家

練馬区で建てた3階建て+半地下ガレージ・屋上テラス付きの敷地を最大限に活用した一戸建ての建築実例です。

3階の居室からアクセスできる屋上テラス

屋上テラスは3階のホール・個室から直接アクセスできます。屋上と室内との段差が少なく、入口も広いのでバーベキューやキャンプグッズなどもラクラク運び入れられます。

3階建ての家の屋上テラス

屋上テラスの手すりは半透明のすりガラスタイプを採用。光を通して視線は遮ってくれます。床面は芝生とウッドデッキを組み合わせ、メンテナンスの手間も最小限に抑えることができました。間接照明や家具にもこだわっています。

三角形の土地に建てた3階建て住宅

▶こちらの施工事例を見る

 

 【ホテル】スカイツリーが見える眺望が魅力の屋上テラスがある5階建てホテル

スカイツリーのお膝元うつわホテル

スカイツリーが目の前に見える眺望の良さが魅力の、墨田区の5階建てホテルの建築実例です。最上階の501号室が芝生とウッドデッキのある約70㎡の屋上テラス付きの客室になっています。

スカイツリーの絶景が見える屋上

テラスにはウッドデッキやベンチ・テーブルも設置されており、ベンチに座ると目の前のスカイツリーがとても美しく見えます。

墨田区ホテルの屋上テラス

こちらのホテルは、将来共同住宅にコンバージョンすることも考慮しつつ、客室は非日常空間を感じられる要素を取り入れた空間に。インテリアにも拘り、洗練された空間と、過ごしやすさを考えられたオーナーの想いが詰まったお部屋です。

墨田区のホテル客室

▶こちらの施工事例を見る

 

 

まとめ

広い敷地やお庭を確保することが難しい都内の家づくり・土地活用では、今回ご紹介した屋上テラスのように、縦の空間を有効活用して暮らしやすさを向上させる手法がおすすめです。

賃貸住宅やホテルなどの土地活用においても、屋上テラスは競合との差別化になり、うまくアピールすることで入居率を高められます。

同時に、屋上の施工は防水層や排水構造の確実な施工がとても重要なため、屋上・屋上テラス・屋上庭園などの施工実績が豊富な工務店・施工会社を選ぶことが公開を防ぐポイントになります。

 

 

M-LINEは都内で安全で快適な屋上テラス付きの一戸建て・賃貸住宅・ホテルを設計施工します

M-LINEは、屋上テラスなど、都内の限られた土地を最大限に活用し、お客様の夢を叶えるプランをご提案します。

ou2グループだからできる構造を選ばない家づくり。

あなたの夢と希望を叶える土地活用を応援します。

「屋上のある家を建てたいけど雨漏りや耐震性が心配」「賃貸やホテル経営で屋上テラスのある建物を建築したい」などの場合も、それぞれのご希望に沿ったご提案が可能です。

屋上テラス・スカイバルコニーのある家づくり・土地活用をお考えの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

M-LINEのオンライン相談はこちらからお申込みください

 

土地活用に関するご相談・お問い合わせはこちらにご連絡ください。

フリーダイヤル:0120-21-4202

ou2(オーツー)株式会社
東京都江東区富岡1-5-5

建設業許可/建築工事業一式 東京都知事許可 特定建設業許可(特-29)第125055号
一級建築士事務所登録/東京都知事登録 第 46497 号
宅地建物取引業免許/東京都知事(1)第 96131 号(ou2株式会社)

記事一覧

1ページ (全30ページ中)

ページトップへ