スタッフブログ

共働きを応援!子育て支援を合わせた賃貸経営とは?

2021/05/30(日) コラム

東京で土地活用をしたい。今ある土地を活かして、賃貸経営をしたいなど、様々な検討をされている方も多いでしょう。

東京などの人口密集地の場合、賃貸経営とは言え「ただ建てるだけ」では活きる賃貸にはならないのが現状です。賃貸をどんな風に活かしていくのかという、方向性や差別化がとても重要なのです。

今回は「都心で賃貸経営」の中から、「共働き世帯を応援する!賃貸経営」にクローズアップしてみましょう。

今まではいつかは自分たちのマイホームという考えから、暮らしやすさの面から「ずっと賃貸がいい」という需要も高くなってきています。ニーズに応じた賃貸経営を目指して!様々な可能性を検討の中に取り入れていきましょう。

■ 今、「ずっと賃貸」と考えている人が増えている理由とは

以前は今までの頑張りの結晶として、新築の住宅を購入すること。これが一種のステータスとされてきました。しかし近年では、住まいに対する価値観も変化し、「ずっと賃貸がいい」と考えている方も多くなっています。

そこにはどのような理由があるのでしょうか。賃貸経営を検討している方であれば、知っておきたい情報から解説していきましょう。

ずっと賃貸と思う理由とは

暮らす場所を所有するのか、賃貸でいるのかは、どちらが良いのかと取り上げられる「永遠のテーマ」と言えます。

その中でも今までの生活環境や周囲の状況から、

○ 住宅ローンに縛られる生活をしたくない。

○ 災害で住まいに被害が出ることを考えると、賃貸がいい。

○ 固定資産税など負担が大きそう。

○ 住みやすい環境をいつでも選べる。

○ 家の維持費にかかる費用負担が大きそう。

などがあげられるようです。その中でも住宅を維持していくことの不安解消や住みやすさを求められる部分は、ずっと賃貸を選ぶ理由の大きな要素と言えるでしょう。そのためには賃貸物件をただ建てて経営していくのではなく、ニーズに合わせながら変化していく必要性も感じ取れます。

■ 子育てに特化した賃貸「子育て支援住宅」とは?

周囲のニーズに応えられる賃貸物件のひとつが、「子育て支援住宅」です。

住まいは生活の基礎となる大切な部分です。誰もが安心して生活できる。子どもを安心して育てられる空間を賃貸で提供することで、需要も大きく変化します。

東京都では「子育て支援住宅」の建築にも力を入れており、子育てを支援する施設やサービスの提供など、子育てしやすい環境づくりのための取組を行っている優良な住宅を東京都が認定しています。

子育て支援住宅 4つの基本的視点

① 子供の遊び場や子育てのための施設など「良好な周辺環境の確保」

② 子育てに配慮した設備や間取りなど「安全性・家事の効率性の確保」

③ 子育て世帯が集まって住むことによる「安心感や活発な交流の展開」

④ 集会所や自転車置場などを円滑に利用するための「管理・運営のルールづくりなど」

が大きなコンセプトとしてあげられています。

子どもたちが安全に、そして安心して暮らせる住まい環境は、違った見方をすれば「誰もが暮らしやすい」環境とも言えるでしょう。立地条件に合わせて暮らしやすさをサポートすることで、地域の活性化にもつながります。地域の活性化は、賃貸の需要にも大きな影響をあたえるのです。

■ 子育てファミリーにうれしい設備がいっぱい

子育て世帯支援のひとつ「東京都子育て支援住宅認定制度」

この制度では、

○ 居住者の安全性や家事のしやすさなどに配慮された住宅

○ 子育てを支援する施設やサービスの提供など、子育てしやすい環境づくりのための取組

などを行っている優良な住宅に対して東京都が認定を行っています。認定基準には、立地に関する基準や共用部に関する基準など様々な部分がありますが、下の図は「戸内の整備基準」の一例になります。

東京都子育て支援住宅認定制度間取り例

出典:東京都子育て支援住宅認定制度|東京都住宅政策本部

「子育て支援住宅」では、安心・安全に暮らせる環境を整えることも、重要視されています。

こういった子育て世帯に適した賃貸経営を行うことで、

(1)他物件との差別化が期待できる:入居希望者が他の住宅と比較検討する際の判断材料のひとつとなります。

(2)東京都の認定マークの活用で広告効果や信頼度が向上する:認定住宅の入居者募集時において、認定マークを活用することにより、広告効果や信頼度の向上が期待できます。

(3)東京都ホームページによる認定物件のPR効果が期待できる:認定住宅は東京都のホームページ等に掲載され、幅広く情報の提供を支援してもらえます。

(4)整備費の一部等に補助金の活用が可能に!:認定住宅が所在する区市町村から、整備費用の一部等に補助金を受けることができる場合があります。

※ 区市町村における補助制度の有無については、各自治体により変化します。

(5)都市開発諸制度を活用して容積率の緩和を受けることが可能になります:認定住宅は、総合設計などの都市開発諸制度を活用して容積率の緩和を受けることができる場合があります。

など、幅広いメリットもあるのです。賃貸経営の方法はひとつではありません。いろいろなアイデアや工夫を取り入れ、活用できる賃貸物件建築を目指しましょう。

--------------------

■ 関連ページ

○ 狭小地を活用する賃貸住宅・賃貸併用住宅

○ 入居者に求められるマンション経営とは

○ 東京にある狭小地でもできる!賃貸経営

--------------------

■ M-LINEで叶えた!賃貸経営例をご紹介

M-LINEでは、都内の土地事情や法規制事情などをクリアし、有効的な土地活用を実現している方も多くいらっしゃいます。今回は「都内で建築した!賃貸物件」をご紹介します。

立地の良さを活かした賃貸を「敷地の狭さをアイデアでカバー」

■ 【6階建て共同住宅】敷地95.59㎡|延床369.59㎡!照明計画や色彩にもこだわりの知恵が詰まった都内に建てる多層住宅

港区の一等地、わずか28.9坪という土地に賃貸住宅を建てたいとのご依頼をいただきました。 賃貸では収支が成り立つことも重要です。 また、今回の場合は都心ならではの狭小地での計画なので、間取りも工夫をこらしています。

【6階建て共同住宅】内装1

6階部分をメゾネットにして、法廷許容範囲の面積を余すところなく利用しました。 住環境にも配慮し、住む人への安心感を与えることができたのもM-LINEの設計へのこだわりです。

【6階建て共同住宅】階段

もっとご覧になりたい方は、こちらから >> 「照明計画や色彩にもこだわりの知恵が詰まった都内に建てる多層住宅」

憧れの高収益物件も夢ではない!ニーズに応えられる賃貸物件

■ 【重量鉄骨3階建て】敷地166.66㎡|延床296.69㎡! 店舗2区画+住戸8区画の計10区画を確保した高収益物件

斜線規制が厳しいエリアでも、諦めない粘り強い設計で重量鉄骨3階建を実現。店舗2区画+住戸8区画の計10区画を確保し、様々なニーズに応えられる物件になっています。

住みやすさと快適性をあたえてくれる!住戸専用区画。

プライバシーを守りながら洗濯物が干せるアイデアなど、たくさん詰まっています。

総タイル張りの高級感ある外壁は、渋谷区松濤の高級住宅街に映える納得の存在感を演出。メンテナンスフリーで手間もかからないよう工夫されており、長期的な目線で建築されています。

もっとご覧になりたい方は、こちらから >> 「店舗2区画+住戸8区画の計10区画を確保した高収益物件」

■賃貸物件、賃貸併用住宅、店舗併用住宅など、たくさんの建築事例をご紹介しています。

その他の建築事例はこちらから>>「M-LINEの建築事例」

■ まとめ:これからの賃貸経営には「コンセプト」が必要!

住みたい人のニーズに応える賃貸経営は、地域の活性化や社会貢献など、様々な効果にも期待できます。

例えば今回クローズアップした子育て世帯を支援できる賃貸では、ご入居者同士が情報交換したり、気持ちに共感したりできる工夫も大きな魅力となります。その他にも入居付けしやすいコンセプトを取り込むことにより、長期入居、家賃アップが望める物件にすることも可能です。ニーズに合うコンセプトを組み合わせることで、他の都の差別化にもつながっていきます。

考えているだけでは、何も始まりません。ぜひ一歩踏み出して、土地活用を夢から現実にしてみませんか。

 

■ ■ ■

 

東京都内の土地は、高額である上に、変形地が多く、暮らしやすい家を建てるためには、優れた設計と技術力が求められます。敷地面積、賃貸併用住宅を建てる目的、予算など、様々な要素によって、最適な賃貸併用住宅の形は変化していくのです。M-LINEでは、東京の狭小地であっても、その難しい条件の中で、目的に合った最適な賃貸併用住宅やマンション経営のプランをご提案します。

土地活用をお考えなら、賃貸併用住宅やマンション経営を計画されませんか?賃貸住宅、賃貸併用住宅をご計画される際には、どうぞM-LINEへお気軽にお問い合わせください。

M-LINEのオンライン相談はこちらからお申込みください

土地活用に関するご相談・お問い合わせはこちらにご連絡ください。

フリーダイヤル:0120-21-4202

ou2(オーツー)株式会社
東京都江東区牡丹3丁目19-11

建設業許可/建築工事業一式 東京都知事許可 特定建設業許可(特-29)第125055号
一級建築士事務所登録/東京都知事登録 第 46497 号
宅地建物取引業免許/東京都知事(1)第 96131 号(ou2株式会社)

記事一覧|2021年5月

ページトップへ