スタッフブログ

準防火地域の建ぺい率の緩和とは|特例を利用した耐火・準耐火建築物建築のメリット

2022/05/26(木) コラム

準防火地域の建ぺい率緩和

敷地が防火地域・準防火地域に当てはまることも多い都心部の土地活用では、建ぺい率や建てられる建築物の制限を事前にしっかりチェックしてから建築計画を建てることが成功の大きなポイントになります。

今回は、東京都内の用途地域による建ぺい率の制限についてや、防火地域・準防火地域の建ぺい率緩和特例について詳しく解説します。

都心部で賃貸住宅などを建築して土地活用をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

 


ポイント

  • 敷地の建ぺい率・容積率などの用語の意味と東京都内の建ぺい率の制限内容が分かります。
  • 防火地域・準防火地域の建ぺい率緩和・角地緩和などの特例の内容が分かります。
  • 建ぺい率の緩和を利用して賃貸住宅を建てるメリットが分かります。

 

目次

 

建ぺい率とは

江東区の店舗併用賃貸住宅

建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積※1の割合を表す数値です。

簡単に言うと、「敷地のうち何パーセントを建物に使えるか」が建ぺい率によって決められています。

建ぺい率

画像の引用元:練馬区ホームページより引用

 

建ぺい率の制限は、火災時の延焼を抑えたり、建物の間に適切な距離を作って採光や通風を確保したりする目的があります。

例えば、100㎡の敷地で建ぺい率が60%の場合、その敷地には60㎡までの建築面積の建物が建てられることになります。ここに、容積率の制限を合わせると、敷地にどれくらいの規模の建物が建てられるのかが分かります。

 

容積率とは

容積率は、敷地面積に対する延べ床面積の割合です。

容積率

画像の引用元:練馬区ホームページより引用

 

容積率300%で100㎡の敷地なら、100㎡の3倍の300㎡までの延べ床面積の建物が建てられます。

この敷地の建ぺい率が50%なら、建築面積の限度は50㎡になるので、1階が50㎡の6階建ての建物が建てられると見当がつけられます。

容積率は、前面道路の幅員(12m未満の場合)によってさらに制限がかかる場合があります。

 

土地活用においては、建ぺい率・容積率が高い敷地の方がより大きい建物が建てられ、建築物の自由度も高まるので利用価値が高いと言えるでしょう。

 

 

東京都の建ぺい率の制限

墨田区のホテル

建ぺい率は、用途地域ごとに30~80%の範囲で指定されています。

表:東京都の用途地域ごとの建ぺい率(原則)

用途地域    建ぺい率(%) 

第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、第1種中高層住居専用地域、田園住居地域

30、40、50、60%
第2種中高層住居専用地域 40、50、60%

第1種住居地域、第2種住居地域、準住居地域、準工業地域

50、60、80%
工業地域、工業専用地域 50、60%
近隣商業地域 60、80%
商業地域 80%

出典:東京都都市整備局HP「用途地域等に関する指定方針及び指定基準について

墨田区HP「建蔽率・容積率の制限

品川区HP「建蔽率

※1建築面積…水平投影面積(建物を真上から見たときの面積。建坪のこと)

 

 

建ぺい率が緩和される条件

台東区の賃貸マンション

これまで解説したとおり、土地には都市計画区域内の用途地域ごとに建ぺい率が規制されていますが、一定の条件を見たすと建ぺい率の制限を受けない特例や、建ぺい率が緩和される特例を受けられます。

それぞれの条件について簡単にまとめてみます。

 

建ぺい率の制限を受けない特例

原則の建ぺい率が80%の用途地域※3で、かつ防火地域内にある耐火建築物は、建ぺい率が無制限(100%)になり、敷地いっぱいまで建物を建てられます。

国土交通省「建築基準法の一部を改正する法律(平成30年法律第67号)について

※3 第1種住居地域、第2種住居地域、準住居地域、準工業地域、近隣工業地域、商業地域が当てはまります。

 

防火地域・準防火地域で建ぺい率が10%緩和

敷地が防火地域内にある耐火建築物および、準防火地域内にある耐火建築物・準耐火建築物は、建ぺい率が10%緩和されます。

防火地域・準防火地域の建ぺい率10%緩和の特例

図表流用元:国土交通省「建築基準法の一部を改正する法律案」の概要

 

例えば、準防火地域で100㎡の建ぺい率が60%、容積率が300%の敷地の場合、建ぺい率の10%緩和適用前なら建坪は60㎡が限度となります。

容積率と合わせると、単純計算で1フロアが60㎡の5階建ての建物が目安になりますが、斜線制限や高さ制限など、他の制限次第で5階建てが建てられない(条件いっぱいに土地を活用できない)ケースがあります。

この場合、建ぺい率が10%緩和されて70%になると、建坪の限度が70㎡に増え、容積率の限度に近い=より大きな建物が建てられる可能性が高まります。

 

角地の建ぺい率緩和特例

敷地が「特定行政庁が指定する角地」にある場合も、建ぺい率が10%緩和されます。

 

角地緩和の条件確認方法

角地とは一般的に、2面以上が道路に面している土地を指しますが、角地の定義は地方自治体によって異なるため、敷地のある自治体のホームページで角地緩和の条件を確認しましょう。

東京都の建ぺい率の角地緩和は東京都都市整備局のHPで確認できます。

参考:東京都都市整備局「よくある質問Q5:東京都における建蔽率の角地緩和を教えてください。

 

壁面線の制限による建ぺい率の緩和

自治体によって敷地の隣地側に壁面線が指定されている場合や、地区計画で壁面の一の制限がある場合も、建ぺい率の緩和を受けられるケースがあります。

敷地が防火地域・準防火地域とそれ以外の地域をまたいでいる場合も、建物が耐火建築物・準耐火建築物であれば、建ぺい率緩和の特例を受けられます。

参考:e-GOV法令検索

 

 

建ぺい率緩和による賃貸住宅建築のメリット

広いリビング

建ぺい率の緩和によって

  • 部屋数を増やす
  • リビングをより広くする
  • 共用部を充実させる

など、より利回りの良い魅力的な賃貸住宅を建てられる可能性が高まるでしょう。

特に、家賃相場の高い東京都心部では、建ぺい率の緩和はより恩恵が大きいと言えます。 

 

 

まとめ|都心部の賃貸住宅は建ぺい率の緩和で活用の幅が広がる

今回は、都心部の土地活用で必ずチェックしておきたい、建ぺい率の基本や緩和条件について解説しました。

地価が高いため家賃相場も高くなりがちな東京都心では、建ぺい率の緩和特例を利用すればより利回りの良い賃貸住宅が実現できる可能性が高まり、敷地を有効活用できます。

敷地の用途地域やその他建築制限、防火地域・準防火地域などによって、どんな建物が建てられるかが変わってきますので、はじめに敷地の条件をしっかり確認してから建築計画を立てていきましょう。

 

 

都内の準防火地域の建築はM-LINEにお任せください

M-LINEは、10cmも無駄にしない柔軟な設計力で、建ぺい率の緩和のメリットもフルに活かしたより快適な住宅・賃貸住宅・店舗併用住宅などをご提案いたします。

東京都心部は、その地価の高さ故に、限られた土地をうまく活用しなくてはいけません。

しかし、ハウスメーカーや建設会社によっては、狭小地や変形地には対応できない場合も…。

私たちMーLINEでは、3つのコンセプトを掲げ、お客様のサポートをさせていただいています。

 

  1. 10cmも無駄にしない家づくり
  2. 工法・構造にしばられない家づくり
  3. 建物用途を限定しない家づくり

 

たとえ土地が変形地や狭小地、傾斜地であったとしても、その特性を生かしたプランニングをご提案し、厳しい建築規制にも臨機応変に対応します。

「土地はあるけどどうやって運用すればいいか分からない」「建築条件が厳しくて他社から断られてしまった」という方は、ぜひ一度M-LINEへご相談ください。

東京の限られた土地を最大限に活かした技術と設計で、理想の家づくりをお手伝いします。

 

M-LINEのオンライン相談はこちらからお申込みください

 

土地活用に関するご相談・お問い合わせはこちらにご連絡ください。

フリーダイヤル:0120-21-4202

ou2(オーツー)株式会社
東京都江東区富岡1-5-5

建設業許可/建築工事業一式 東京都知事許可 特定建設業許可(特-29)第125055号
一級建築士事務所登録/東京都知事登録 第 46497 号
宅地建物取引業免許/東京都知事(1)第 96131 号(ou2株式会社)

記事一覧

1ページ (全30ページ中)

ページトップへ