スタッフブログ

二世帯住宅の気になる価格|快適な住まいと坪数の関係

2020/02/16(日) コラム

<img src=”cat.jpg” alt=”二世帯住宅の価格”/>

年齢も価値観も、生活スタイルも違う年代が同じ屋根の下に生活する二世帯住宅。今後の暮らしを考えた時に、親子別々に暮らすよりも二世帯住宅に一緒に暮らした方が何かと安心…と考える方は少なくありません。

しかし二世帯住宅の家づくりでネックになるのは、やはり『家づくりにかかる費用』です。通常の家に比べてサイズも大きくなりますし、設置する設備も多くなるため費用はどうしても高くなります。かといって、居住スペースを減らし建築費用を抑えたとしても、狭すぎる空間ではストレスが溜まってしまいますよね。快適に暮らすために必要な広さがわかっていれば、納得のいく費用をかけることができます。

そこで今回は、二世帯住宅の家づくりにかかる費用とともに、ストレスなく共に暮らすために必要な坪数、間取りの考え方をご紹介します。

二世帯住宅の間取りタイプとは

<img src=”cat.jpg” alt=”二世帯住宅の価格”/>

二世帯住宅は、家族がそろって生活する楽しさや安心感などさまざまなことを与えてくれる住宅です。しかし今までは別に暮らしていた家族が一緒に過ごすことで、お互いが負担やストレスを感じてしまっては逆効果。そのためにも、お互いの程よい距離感を維持することは大切です。

程よい距離感といっても、感じ方はひとりひとり違います。それぞれの家庭にとって最適な距離感を維持できるよう、二世帯住宅は3つの間取りタイプから選ぶことができます。

 

タイプ① 完全同居タイプ

完全同居タイプは昔からあるような、みんなが一緒のスペースで生活する生活スタイルの住宅です。寝室や子ども部屋など個人がくつろぐ空間以外は、家族で集うリビングはもちろん、キッチンやトイレ、お風呂などの水回りを含め生活スペースを共有化します。

一緒に暮らすおじいちゃんやおばあちゃんとお孫さんとの距離も近く、世代を超えて交流できる機会が多い部分は大きな魅力です。その反面プライバシーの面では、他の二世帯住宅に比べて確保することは難しい場面も多くあるため、共有化するための間取りの検討やお互いにくつろぐことのできるような工夫、新居でのルールづくりなど事前の準備が重要です。

タイプ② 一部共有タイプ

必要最低限の空間を共有部にしながら、それ以外の空間を分ける二世帯住宅です。一般的な例としては、建築の中でも比較的コストがかかるキッチンやバスルームなどの水回りは共有し、お互いにくつろげるようリビングは別につくるなどです。

お互いにプライベートスペースをつくることで、完全共有タイプに比べプライバシーの面でも適度に確保することができます。共有部を増やすことで建築コストも比較的抑えられます。

タイプ③ 完全分離タイプ

完全タイプに二世帯住宅は、玄関やキッチン、お風呂やリビングなど、全ての空間の設備がふたつある住宅です。マンションの隣同士で暮らし、つかず離れずという距離感は暮らしやすい環境です。その空間に自然に集うというよりは、お互いにタイミングを見て行き来をしてコミュニケーションを図る関係性になります。そのため3パターンの中では1番プライバシーが守られる住まいの形になります。

空間の使い方としては、1階と2階で世帯を分ける縦割りパターンと、壁を境界線にしながら左右で世帯を分ける横割りパターンが一般的です。

<img src=”cat.jpg” alt=”二世帯住宅の価格”/>

▶︎東京で安心して暮らす バリアフリー住宅

 

 

 

二世帯住宅の気になる価格をチェック!

<img src=”cat.jpg” alt=”二世帯住宅の価格”/>

デザインや間取り、快適性など家づくりで気にかかる部分はたくさんありますが、やはり1番気になるのは価格す。二世帯住宅だけでなく通常の戸建て住宅でも同様ですが、家の構造や広さ、デザイン性や間取り、使用する設備によっても価格は大きく変化します。

二世帯住宅の場合、

完全同居タイプ < 一部共有タイプ < 完全分離タイプ 

の順番で建築費用がかかります。特にキッチンやバスルームなどの設備は高額になり、完全分離タイプは全てがふたつ用意する必要性があるためどうしても割高になってしまいます。二世帯住宅にかかる金額は、一般の住宅建築費の1.5倍~1.8倍が目安です。

 

二世帯住宅の建築費用は?

<img src=”cat.jpg” alt=”二世帯住宅の価格”/>

はっきりとした予算を出すことは難しいですが、具体的にどれくらいがかかるのか一般的なケースとして計算してみましょう。

家族の人数に合わせた快適な広さとは

まず知っておきたいのが、快適に暮らすことができる住宅の広さは国がデータを発表しています。

国土交通省が発表している「誘導居住面積水準(豊かな生活を送るために必要と考えられる住居面積の水準)」と「最低居住面積水準(健康で文化的な生活に最低限必要な住居面積の水準)」があります。このデータによると、4~5人が暮らす一般的な住宅に必要な住居面積は、30坪~40坪となります。

そのため、二世帯住宅に何人暮らす予定なのかを考えた上で家づくりを進めていく必要があります。親世帯子世帯合わせて8人ほどで暮らす場合、適度な距離感を保ちながら快適に暮らすためには最低60坪は必要ということになります。

もちろん、土地や予算の関係で60坪確保するのが難しい…というケースもあるでしょう。そんな時は階数を増やすなどの工夫が大切です。

出典:国土交通省住|生活基本計画における「水準」について https://www.mlit.go.jp/common/001098415.pdf

<img src=”cat.jpg” alt=”二世帯住宅の価格”/>

坪単価から建築費用を算出

住宅の建築費は、坪単価×建築面積で計算します。今回は坪単価を50万円として計算してみましょう。

<坪単価50万円 30坪の場合>

50万円(坪単価)×30坪(建築面積)=1,500万円

二世帯住宅の建築費は一般の住宅建築費の1.5倍~1.8倍となるため、

1500万円×1.5倍=2,250万円
1,500万円×1.8倍=2700万円

約2,250〜2700万円が二世帯住宅の建築費となります。ただ、これはあくまでも目安であり建てる間取りのタイプや使用する設備によって、建築にかかる費用は大きく変化します。

 

二世帯住宅の経済的メリット

二世帯住宅は、建築時に費用がかかります。しかし、建てた後のランニングコストはおさえることができます。

例えば、不動産取得税や固定資産税は軽減されますし、食費や水道光熱費などもおさえることができます。一方で間取りによっては相続税や贈与税がかかることもあります。どのようにするのがベストなのかは、種々の条件により異なりますので、工務店やハウスメーカーの相談窓口でまずは相談しましょう。

▶︎二世帯住宅でも活かせる 住宅のための補助金とは

 

 

 

二世帯住宅での暮らしを始める前に…

<img src=”cat.jpg” alt=”二世帯住宅の価格”/>

違う価値観の人が一緒に暮らす住宅だからこそ、事前の話し合いはとても大切です。例えば親世帯が独り身の場合など、一部供用型などのプライバシーを確保しながらも様子をうかがえる暮らし方が安心です。完全分離タイプにしてしまうと、そばに住んでいるけれど気配を感じることができずに不安になるかもしれません。

家族の状況をふまえ、どこまでを共有していくべきなのか家族でしっかりと話し合い、その内容をプランニングの中に組み込んでいく家づくりが二世帯住宅では大切です。

エレベーターや手すりの設置など、二世帯住宅だからこそ必要とされる間取りプランを立てていきましょう。

 

 

 

納得のいく費用をかけた家づくりを始めよう

<img src=”cat.jpg” alt=”二世帯住宅の価格”/>

二世帯住宅建築にかかる費用は、土地の広さや間取り、使用する設備によって大きく変わります。快適な暮らしを実現できるよう、納得がいく費用をかけながら、二世帯住宅の家づくりを進めていきましょう。

家を建てるという出来事は、人生の中でそう回数がある訳ではありません。初めてならなおさら、不安なことや心配なことなど、たくさんあると思います。そんな時はぜひ、住宅のプロを頼ってみてください。

<img src=”cat.jpg” alt=”二世帯住宅の価格”/>

当社、ou2株式会社は、新築・リフォームあわせて10,000件を超える経験や実績を活かして、あなたの夢をカタチにするお手伝いをしています。みなさまのお手伝いで培った経験やノウハウを活かし、お持ちの土地を有効活用する。土地の価値をさらに引き出す。わずか10センチでも無駄が出ないようなプランニングをする。ゆとりある空間を演出するなど、あなたの家づくりをサポートします。いつでもお気軽にお声がけください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

***************************************************************************************

M-LINEを運営するou2株式会社は、木造注文住宅のクレバリーホーム(フランチャイジー)を始め、リフォームのアールツーホーム、不動産とリノベーションのD-LINEなど、東京23区に特化した住宅総合サービス企業です。

これまで新築・リフォームあわせて10,000件を超える実績があります。お気軽にご相談ください。お持ちしております。

***************************************************************************************

記事一覧

1ページ (全21ページ中)

ページトップへ