スタッフブログ

鉄骨住宅で防ぐシロアリ被害の対策とポイント

2019/02/04(月) コラム

  

家をボロボロにするシロアリ被害。『鉄骨住宅を建てれば安心!』というわけではなく、しっかりと対策をした上で家づくりを進めていく必要があります。とはいえ初めての家づくりでは、どこに気をつけて建てたらいいのかわからないことも多いもの。

そこで今回は、建てた後でシロアリ被害に悩まされない鉄骨住宅の家づくりについてまとめてご紹介します。これからの家づくりに、ぜひお役立てください。

 


~table of contents~

▪️シロアリ被害は鉄骨住宅なら安心?

▪️鉄骨住宅でシロアリ被害を受けやすい場所と対策

▪️シロアリ被害を防ぐためにできること

▪️鉄骨住宅で始める安心の暮らし


 

 

 

シロアリ被害は鉄骨住宅なら安心?

シロアリは、北海道の一部を除いて日本全国に分布しているといわれています。生息数も多く、シロアリの種類としてはメジャーなヤマトシロアリは土の中ならどこにでも生息しており、その土壌の上に建物を建てた場合、必然的にシロアリはエサを求めて住宅に侵入してきます。

 

シロアリは、侵入する建物を選んでいるわけではありません。目が退化しており触覚に頼って行動するため、エサを探し求めて前進し、床下のコンクリートの隙間を移動しながら目の前にあるものを本能的にかじります。住宅に被害をもたらすシロアリは、移動しているうちに偶然建物に侵入してしまっただけで鉄骨住宅だから安心というわけではなく、木造であっても鉄骨であっても、その場所にエサとなるものがなければ木材がある場所まで蟻道を伸ばしていくのです。

もし辿り着いた場所がシロアリにとってよい環境であった場合、そこに住みつき建物に外を加えていきます。そのため、たとえ鉄筋でもシロアリが移動してきて住み着けば、被害を受けることは十分に考えられます。

 

 

鉄骨住宅でシロアリ被害を受けやすい場所と対策

鉄骨住宅は、柱や梁などほとんどが鉄材で出来ているため、ある程度はシロアリ被害を防ぐことができます。しかしその中でもシロアリ被害を受けやすい部分がいくつかあります。

 

断熱材

家を守る断熱材は、シロアリにとって格好の標的です。元々柔らかい上、結露などで湿気てしまうとさらにシロアリに好まれます。トイレや浴室などの水回りの床下部分に使用されていることが多い断熱材は、侵食されてしまうと水回りの床が抜けたりボロボロになったりしてしまいます。それを防ぐためにも、事前の対策が必要です。

シロアリが噛み切る事ができないステンレスのメッシュで覆ったり、シロアリが苦手とする薬剤を混ぜ込んだ建材を使用することで、シロアリ被害を防ぐ事ができます。

 

玄関

外から侵入しやすいコンクリートで覆われた玄関は、シロアリにとって格好の侵入スポットです。湿気が多くひと目にもつきにくいため、玄関のシロアリ被害が多発しています。

シロアリ対策を家全体でしていても、玄関だけは見落とされていた…ということもあります。断熱材や床下、屋根の裏といった事前対策をしっかりとしている場所とあわせて、玄関も対策をしておきましょう。

 

フローリング

鉄骨住宅とはいえ、フローリング部分は木材でできているため、シロアリ被害を受けやすくなっています。シロアリは木材を好んで食べるため、フローリングが被害にあうと床が凹んだり軋んだりしてしまいます。

フローリングのシロアリ被害は、床下にあらかじめ薬剤を散布したり毒餌をセットしたりしておくことで防ぐ事ができます。どちらも効果は最長5年ほどなので、定期点検やリフォームのタイミングで忘れずに見直しておくと安心です。

 

 

シロアリ被害を防ぐためにできること

木造住宅の場合、建築時にしっかりとシロアリ対策をするのですが、鉄骨住宅の場合はそこまで力を入れないケースがほとんどです。とはいえ万が一を考えてシロアリ対策をしておくことで、丈夫な鉄骨住宅に安心して住み続けることができます。

 

事前の地盤調査を念入りに

入念なシロアリ対策をして家を建てたとしても、その土地に元々シロアリが住んでいた場合防ぐ事ができません。地盤調査をする段階で、丈夫かどうかを確認するだけでなく、シロアリが住み着いていないかどうかも確認しておきましょう。地盤調査をする業者に、シロアリ被害を心配している旨を一言伝えておくと安心です。

 

隙間のない基礎を選択

シロアリへの対策として効果的な基礎を選ぶこともひとつの手段です。

新築工事の施工で行われるベタ基礎は、まずベース部分となるコンクリートを打ち、それが固まった後で、立ち上がり部分の基礎を打っていくものです。この場合、コンクリートと基礎との間にできる隙間がシロアリの侵入経路になってしまう場合があります。一方の一体打ちという工法では、ベース部分と立ち上がり部分を同時につくることによって隙間をなくします。とても高度な技術が必要とされる工事の上、傾斜や基礎の高さなどによって施工可能かどうかも左右されます。

シロアリの被害や増殖を防ぐことを目的とした場合、どの工法で基礎をつくればいいのかはあらかじめ把握しておくと安心です。

 

防除工事をしっかりと

あらかじめ防除工事をしておくことも大切です。防除工事には、薬剤を用いて駆除をするケミカル工法と、健康面や環境に配慮したレスケミカル工法があり、効果や費用などを検証した上で選ぶようにしましょう。

 

ケミカル工法

シロアリの巣の周辺の地面に薬剤を散布する土壌処理と、家屋の木材に施工する木部処理があります。

木部処理では、薬剤を吹きかけたりハケで塗ったりするだけでなく、木材に穴を開けて、薬剤を注ぎいれて駆除します。

レスケミカル工法

ベイト剤というシロアリの脱皮を阻害する毒餌をシロアリに持ち帰らせて、巣ごと撲滅します。昆虫に限定的に作用するので、人体やペットには安全だといわれています。

 

床下点検をしやすい構造にしておく

家のデザインや外観には力を入れるものの、基礎部分や床下部分に関してはわからないことが多く放置してしまいがちです。しかし、将来のことを意識した床下をつくることができるのは家を建てる時だけ。だからこそ、定期的に点検しやすいように、可能な限り人が入りやすいつくりにしておきましょう。

また、基礎を元々高く設計しておけば湿気対策にもなります。風通しもよくなるので、シロアリ対処には最適です。

 

 

鉄骨住宅で始める安心の暮らし

鉄骨住宅だからシロアリ被害を受けない、というわけではありません。家づくりの段階で、シロアリ対策が万全かどうかをよく見直し確認しておく事が大切です。しっかりと対策をとった上で、丈夫な鉄骨住宅で安心の暮らしを始めましょう。

 

当社、ou2株式会社は、新築・リフォームあわせて10,000件を超える経験や実績を活かして、あなたの夢をカタチにするお手伝いをしています。みなさまのお手伝いで培った経験やノウハウを活かし、お持ちの土地を有効活用する。土地の価値をさらに引き出す。わずか10センチでも無駄が出ないようなプランニングをする。ゆとりある空間を演出するなど、あなたの家づくりをサポートします。いつでもお気軽にお声がけください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

***************************************************************************************

M-LINEを運営するou2株式会社は、木造注文住宅のクレバリーホーム(フランチャイジー)

を始め、リフォームのアールツーホーム、不動産とリノベーションのD-LINEなど、

東京23区に特化した住宅総合サービス企業です。

これまで新築・リフォームあわせて10,000件を超える実績があります。

お気軽にご相談ください。お持ちしております。

***************************************************************************************

m-lineの鉄骨・RC住宅
クレバリーホーム城東店の注文住宅

 

 

記事一覧

1ページ (全21ページ中)

ページトップへ