スタッフブログ

下がり天井を利用したおしゃれなキッチン│デザインの注意点とは​

2021/12/26(日) コラム

キッチンは家事スペースではなく、ダイニングやリビングと空間が繋がった家族の共有スペースです。

またリビングから見えるキッチンを、おしゃれにデザインすることで、全体の印象をさらによくすることができます。

そのためキッチンからリビングまでのスペースは、家のインテリアの中心といってもいいでしょう。

 

こちらの記事では、そんなキッチンをおしゃれにデザインする方法として「下がり天井」をご紹介します。

スタイリッシュで落ち着きのあるキッチンに仕上ることができるので、新築時に取り入れる方も増えてきた印象です。

 

下がり天井を詳しく知るために、その特徴やメリット・デメリット、デザインの注意点などを見ていきましょう。

キッチンをおしゃれにデザインしたい方は、ぜひ参考にしてください。

 


コラムのポイント

  • キッチンに下がり天井をつくることで、どのような雰囲気に整うのかその特徴をご紹介します。
  • キッチンに下がり天井をつくるメリット・デメリットを見ていきましょう。
  • 下がり天井をつくる際の、注意点をまとめてお伝えします。

目次

  • 下がり天井とは​
    • 下がり天井のメリット​
    • 下がり天井のデメリット​
  • 下がり天井をおしゃれにする工夫​
    • 木目などのクロスを利用する​
    • 下がり天井の形状を曲線にする
    • 照明を利用する​
  • キッチンを下がり天井にする際の注意点​
    • 下がり天井の広さについて
    • 下がり天井の厚みについて
  • まとめ​

 

 

下がり天井とは​

キッチン

下がり天井とは、その名の通り天井が下がっている形状を言います。

天井を下げなくてはいけない原因としては、排気ダクトなどを隠すためや、屋根の形状によることがあげられます。

 

またおしゃれな部屋にするために、下がり天井を採用するケースも多く、最近では特に増えてきた印象です。

 

では下がり天井の特徴を知るために、メリット・デメリットを見ていきましょう。

 

下がり天井のメリット​

下がり天井のメリットはいくつかありますが、一番は「おしゃれな空間になる」ということです。

もちろんダクトなどを隠すことができるという、実用的な面もあります。

では、その他のメリットも見ていきましょう。

 

空間を仕切れるのでメリハリができる

部屋の一部を下がり天井にすることで、空間が仕切られた印象になります。

例えばキッチンの上を下がり天井にすることで、間繋ぎになっているダイニングやリビングとの間に仕切りができ、空間にメリハリがうまれます。

 

部屋が広く感じられる

キッチンを下がり天井にすると、キッチンからリビングまでの空間が広く感じられます。

キッチンから見たリビングには開放感がありますし、逆にリビングから見たキッチンには奥行きが感じられます。

 

落ち着いた雰囲気になる

下がり天井にした空間には、落ち着いた雰囲気があります。

広いスペースには開放感を得ますが、落ち着いた雰囲気とはなりません。

多少狭い空間に収まる方が気持ちが落ち着くのは、本能として「外敵に襲われない」という安心感からかもしれません。

 

下がり天井のデメリット​

キッチン

下がり天井のデメリットは、お掃除が手間だということです。

下げた部分のすき間にホコリがたまりやすくなるので、柄の長いモップなどで優しく拭きあげていきましょう。

 

またキッチンスペースは、ホコリに油が付着しやすい特徴があります。

揚げ物や炒め物をする際は、必ずレンジフードを利用して、空気の中に含まれた油を吸い込ませていきましょう。

レンジフードの働きを高めるには、調理をする数分前から稼働させることです。

先に空気の流れをつくってから調理を始めることで、油を含んだ空気を広げずに済みます。

 

下がり天井のすき間に油を含んだホコリが溜まっては、お掃除の手間が増えてしまいます。

モップで手軽に掃除を済ませるためにも、調理中は気を付けましょう。

 

下がり天井をおしゃれにする工夫​

キッチン

下がり天井をつくることで、フラットな天井を複雑にデザインし、おしゃれな空間に仕上ることができます。

さらにおしゃれさを増すためのポイントを見ていきましょう。

 

木目などのクロスを利用する​

下がり天井にした部分だけを、クロスやシートでデザインすると、存在感が増しおしゃれな印象が際立ちます。

木目風、塗り壁風のクロスや、色や質感で変化を出すのがおすすめです。

キッチンカウンターや、部屋の壁などとの相性をみながら検討しましょう。

 

もちろん木目のクロスを使わず、無垢板を利用するのも素敵ですが、コンロの近くに施工する場合、耐火基準に触れる恐れがあります。

防火地域などに建築する耐火住宅の場合は気をつけましょう。

 

下がり天井の形状を曲線にする

よく見られる下がり天井には、部屋の一角を真四角くに下げたものや長方形、または壁際を囲むようなデザインがあります。

どれも直線的なので全体的にスタイリッシュな印象です。

 

もしやわらかな雰囲気に仕上げたいのであれば、下がり天井の一片に曲線を利用してみましょう。

さらに複雑さを増すことができ、おしゃれな空間が広がります。

 

照明を利用する​

天井が下がった縁の部分に照明を付けることで、優しい間接照明が仕上がります。

下がり天井と元の天井との境目が見えなくなり、宙に浮いているような印象です。

 

また下がり天井の部分は、全体にダウンライトを利用していきましょう。

キッチンカウンターとダイニングの境目に、ペンダントライトなどの下がり照明で、アクセントをつけるのも素敵です。​

 

キッチンを下がり天井にする際の注意点​

キッチン

メリットでもお伝えしたようにキッチンを下がり天井にすることで、リビングに向けて開放感を得られたり、キッチン内が落ち着いた雰囲気になったりと、空間への快適さがあります。

 

しかし天井を低くしたことで圧迫感を覚える人がいたり、下がり天井の魅力が活かされなかったりと残念なケースもあります。

そうならないためにも、下がり天井を造る際の注意点を見ていきましょう。

 

下がり天井の広さについて

下がり天井は、一部を下げることで天井をデザインするので、あまり広いスペースを下げると、そのよさを活かすことができません。

 

例えばキッチンカウンターとダイニングテーブルを横並びにするレイアウトの場合、広い空間が繋がります。

そのスペース全ての天井を下げてしまっては、デザイン性が落ちるだけでなく、圧迫感を得やすくなります。

 

下げる部分を、キッチンスペースだけにしたり、キッチンとリビングの間のコンパクトなスペースだけにして、メリハリを付けていきましょう。

 

関連記事:キッチンとダイニングテーブルを一体化│特徴とデメリットを解説​

 

下がり天井の厚みについて

​下がり天井の厚みにも注意が必要です。

デザイン目的ではなく、ダクトなどを隠すために下がり天井を設ける場合、20~23㎝程度の下がり天井になります。

 

デザイン目的の下がり天井であっても、15㎝程度下げることはありますが、20㎝以上となるとかなりの段差なので、ダクトの部分だけを下げても窮屈に感じられるかもしれません。

 

これはご家族の身長や天井高にもよるので、一概には言えませんが、施工後イメージと違ったとならないよう慎重に検討しましょう。

できればモデルルームなどで、体感することをおすすめします。

 

まとめ​

キッチン

下がり天井を利用して、キッチンをおしゃれに仕上る方法をご紹介しました。

デメリットもありますが、おしゃれさにこだわりたい方には特におすすめです。

照明やクロスを利用して、さらにおしゃれに仕上げていきましょう。

 

デザインするときは、下がり天井にする面積が広すぎないか、下がり天井にすることで圧迫感がないかを注意してください。

イメージするだけでは後悔の原因になり兼ねないので、モデルルームなどで体感してみましょう。

 

 

狭小地での家づくりは高い技術と経験、設計とデザインが必要とされます。

M-LINEは、東京の限られた土地を最大限に活かした技術と設計で、理想の家づくりをお手伝いします。

「変形した土地が原因で他の工務店に断られた」「狭小地に賃貸併用住宅を建てたい」そのようなことも、M-LINEなら希望に沿ったご提案が可能です。

狭小地での家づくりをお考えの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

M-LINEのオンライン相談はこちらからお申込みください

 

土地活用に関するご相談・お問い合わせはこちらにご連絡ください。

フリーダイヤル:0120-21-4202

ou2(オーツー)株式会社
東京都江東区牡丹3丁目19-11

建設業許可/建築工事業一式 東京都知事許可 特定建設業許可(特-29)第125055号
一級建築士事務所登録/東京都知事登録 第 46497 号
宅地建物取引業免許/東京都知事(1)第 96131 号(ou2株式会社)

記事一覧

1ページ (全22ページ中)

ページトップへ