スタッフブログ

玄関ホールが狭いと後悔する5つの理由を解説│広さを感じる工夫とは​

2021/10/31(日) コラム

家の間取りを決める際に、玄関ホールの広さを、どのくらいの優先順位に置いているでしょうか?

家族でくつろぐリビングや、家事を効率よく進める家事導線などへの配慮が最優先というケースがほとんどです。

 

「玄関ホールは家の出入りにしか利用しないから、ある程度狭くても問題ない」と考えていると、思わぬ後悔をすることになるかもしれません。どのような後悔をするのか理解して、玄関ホールの間取りを決める参考にしてください。

 


コラムのポイント

  • 玄関ホールを狭く作ると、どのような後悔に繋がるのか理解しましょう。
  • 玄関ホールを広く感じるためにできる、インテリアの工夫をお伝えします。

 

目次

  • 玄関ホールとは
  • 玄関ホールが狭いと後悔する5つの理由
  • 狭さを感じさせないインテリアの工夫​
  • まとめ

 

 

玄関ホールとは​

玄関ホール

玄関ホールとは、玄関に入ってすぐのスペースのことです。

玄関を開けて靴のまま入る土間と、土間から段差(上がり框)を上がった廊下手前の空間を合わせた玄関ホールは、家の印象を左右する大切なスペースになります。

 

​玄関ホールが狭いと後悔する5つの理由

玄関ホールが狭いと、後悔する理由を5つご紹介します。

玄関は毎日何度も利用するスペースなので、後悔のないようにしていきましょう。

 

① 暗い印象になる​

暗い玄関

玄関が狭いと暗い印象になります。

狭い玄関ホールに、収納力のある天井高のシューズボックスなどを置くと、窓を設置する壁面積がなくなります。

壁が近い状態で囲まれて圧迫感を感じる上に、天井高のシューズボックスなどがあると開放感からは無縁に感じられるでしょう。

 

さらに玄関ホールが狭いと、電気のスイッチをつける場所も限られてきます。

入口から遠い位置にしかスイッチが付けられないと、暗い玄関で靴を脱ぐことになるでしょう。

 

② 収納スペースが足りない​

収納出来ない靴

玄関が狭いと、収納スペースが十分にとれません。

最近ではシューズクローゼットなどへの人気が高まり、玄関で使う物、外出する時に使う物、子どもの外遊び道具などを玄関に収納するスタイルが主流化してきました。

他のスペースに物が溢れずに済むので、自然と片付く家になります。

 

さらに利便性もいいので、生活導線(生活するために動く道筋)も整いやすく、快適さが増します。

例えば靴を履いて玄関を出る時になって、マスクを忘れたことに気付いた経験が誰しもあるはずです。

そんな時に玄関ホールに、マスクを収納しておくと、靴を脱いで部屋に上がる必要はなくなります。

その様な利便性を考えて、自転車に乗る時のヘルメット、買い物に行くときの上着、子どもをのせるバギーなどが収納されます。

 

そこまでの収納力は無理でも、靴や傘を収納するスペースは最低限必要です。

個人差はありますが、4人家族にコンパクトなシューズボックスでは、収納力が不十分でしょう。

土間部分に靴が散乱し、ブーツなどの季節限定の履物は、部屋にもって上がらないといけなくなるかもしれません。

玄関の収納スペースが足りないと、さらに玄関を狭くしたり、快適な生活の妨げになります。

 

③ 子どものお世話がしにくい​

子どもが靴をはく

玄関が狭いと子どものお世話がしにくくなります。

小さい子どもをベビーカーに乗せる時、広い玄関であれば土間にベビーカーを広げて、安全に子どもを乗せることが可能です。

手荷物などはホールに一時置きすれば、作業も楽にできます。

 

玄関が狭いと、玄関の外にベビーカーを広げて、子どもを乗せることになります。

子どもから離れることはできないので、手荷物を持ったまま作業を進めなくてはいけません。

ベビーカーに荷物をのせてから、子どもを乗せるのは、バランスを崩す原因になるので控えましょう。

 

また玄関が狭いと、子どもに靴を履かせるのに、腰をかがめるスペースもとれません。

先程お伝えした収納スペースが狭いことで、土間に靴が散乱した結果とも繋がります。

 

このように毎日感じる子育てのしにくさが、疲れやストレスになり兼ねません。

快適な玄関に整えて、子どもとのお散歩をスムーズにスタートさせましょう。

 

④ 年齢を重ねた時への不安​

玄関に老人がいる

年齢を重ねると、靴の脱ぎ履きを立ったままするのは危険です。

玄関ホールの段差(上がり框)に腰を降ろすと安全ですが、最近は楽にホールに上がれることやデザインの面から、段差は15㎝程度が主流になってきました。

 

お年寄りは段差がない方が上り降りが楽な半面、腰を降ろしたり立ったりはかなりの負担になります。

この問題を解消できるのが、椅子やベンチの設置です。

靴の脱ぎ履きをするのに安全で便利ですし、疲れた時の腰掛けにも使えます。

 

玄関が狭いと、椅子やベンチを置くスペースがありません。

無理に置こうとすると、さらに玄関は狭くなり、足をかける危険性も出てきます。

ある程度の広さがあると、年齢にあった玄関に整えやすくなるでしょう。 

 

⑤ 来客のおもてなしに不便​

荷物の受け取り

家の中まで上がっていただく必要のないお客様が見えた時、玄関ホールで対応することもあります。

自治会の集金や荷物の受け取り、最近では学校の家庭訪問なども家の中に上がらないスタイルが多くなってきました。

 

そのような時に玄関ホールが狭いと、距離感が取りにくく圧迫感を与えます。

狭い玄関での対応は、シンプルに恥ずかしいと感じるかもしれません。

 

せっかく開放感のある広いリビングに整えていても、玄関ホールで対応した方にとっては、そこでの印象が全てです。

「狭くて暗い感じの家」と思われるのは残念ですね。



ここまでで玄関が狭いと後悔する理由を5つお伝えしてきました。

対策としては、新築時にある程度の広さを確保するのが最善です。

 

次にインテリアの工夫で広さを感じさせる方法をご紹介していきます。

 

狭さを感じさせないインテリアの工夫​

インテリアの工夫で空間に広がりを感じさせることができます。

  • 広い玄関ホールをさらに広く感じたい
  • 玄関ホールを広く作りたいけど、どうしても間取りが確保できない
  • 狭く建ててしまった玄関ホールを少しでも広く感じたい

そんな方はぜひ参考にしてください。

 

明るい色を使う​

明るい玄関

玄関ホールの色は、できるだけ明るい色を使いましょう。

特に広い面積の壁や床、土間や天井などを明るくすることで、空間が膨張したように広がります。

色味を入れたい場合は、玄関マットや小物などの、小さな面積で加えていきましょう。

 

観葉植物を置く

 観葉植物

玄関ホールの奥に観葉植物を置くと、目線が集中し空間に奥行きが感じられるようになります。

これをフォーカルポイントといって、インテリアやフラワーアレンジメントなど、さまざまな分野で利用される手法です。

玄関のフォーカルポイントとして、額縁の絵を飾るのも有効ですが、閉鎖的な空間に観葉植物を置くことで解放感も味うことができるでしょう。

 

鏡を置く​

鏡のある玄関ホール

玄関ホールに鏡を置くことで、壁の向こう側があるような錯覚を起こします。

空間の広がりだけでなく、光の反射で明るさも広げることが可能です。

空間と明るさを同時に広げることができるので、一気に開放感が得られます。

 

鏡を置くスペースによって玄関が狭くならないよう、置き型よりも壁掛けにしましょう。

出かける時の身だしなみチェックもできるので、実用性も兼ね揃えられるアイテムです。

 

まとめ​

玄関ホール

家の間取りを決める時に、優先するのが居住スペースです。

家族が集まるリビングや、家事を行うキッチンやランドリールームなど、広さをもつことで開放感を得られたり、必要な設備を整えることができます。

玄関は家を出入りする時にしか利用しないスペースだからと、広さを重視を確保しないとさまざまな後悔に繋がるかもしれません。

 

  • 窓の設置などが難しくなり、狭いスペースで壁に囲まれるので暗い印象になる
  • 収納スペースが不十分なので、物が溢れかえりさらに狭く感じられる
  • ベビーカーを玄関に入れられなかったり、腰をかがめてお世話ができない
  • お年寄りが、安全に靴の脱ぎ履きをするための、イスなどが置けない
  • 来客を玄関でもてなしにくい

 

新築計画の段階で適切なスペースを確保するのが最善の対策ですが、それが叶わない段階であれば、インテリアなどを工夫して空間に広がりを与えてください。

毎日通る玄関だからこそ、快適に整えて気持ちのいい一歩を進めていきましょう。

 

 

狭小地での家づくりは高い技術と経験、設計とデザインが必要とされます。

M-LINEは、東京の限られた土地を最大限に活かした技術と設計で、理想の家づくりをお手伝いします。

「変形した土地が原因で他の工務店に断られた」「狭小地に賃貸併用住宅を建てたい」そのようなことも、M-LINEなら希望に沿ったご提案が可能です。

狭小地での家づくりをお考えの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

M-LINEのオンライン相談はこちらからお申込みください

 

土地活用に関するご相談・お問い合わせはこちらにご連絡ください。

フリーダイヤル:0120-21-4202

ou2(オーツー)株式会社
東京都江東区牡丹3丁目19-11

建設業許可/建築工事業一式 東京都知事許可 特定建設業許可(特-29)第125055号
一級建築士事務所登録/東京都知事登録 第 46497 号
宅地建物取引業免許/東京都知事(1)第 96131 号(ou2株式会社)

記事一覧

1ページ (全22ページ中)

ページトップへ